引っ越し 荷造り

引っ越しの思い出

 

引っ越しの思い出

 

 

 

 

友情パワー

 

結婚して3年、当時まだ3ヵ月の長男を抱えて引っ越すことになりました。

 

お恥ずかしい話ですが貯えもなくなるべく引っ越しにお金をかけたくありませんでした。

 

そこで友人何人かに手伝いをお願いし、レンタカーを借りて自分たちで引っ越し作業を行いました。

 

友人たちもみな社会人で休日はゆっくり過ごしたいはずですが、気持ちよく引き受けてくれ、家具の組立や運搬などすすんで作業をしてくれました。

 

この時ほど友人たちのありがたみを感じたことはありません。

 

こいつらと友達でよかった!逆に友人たちが困っているときは絶対に助けてやらなきゃと思いました。

 

 

 

マイホーム

 

結婚して5年が過ぎ2人目に出産を控えた頃に起こった事件です。

 

2人目が生まれてくるとベビーベットを出さないといけないけど今のマンションでは狭くて難しいよねって旦那様と毎晩のように話していました。

 

それならとダメもとで職場近くに新築が建売していることを旦那様に話すと一度見に行くことに‥

 

今のうちの年収では絶対購入は無理と思っていたマイホームが購入できるかもって話しなりあれよあれよという間に購入できることになり慌ただしく引越ししました。

 

夢のマイホームに5年暮らした賃貸マンションから引越ししたのが嬉しく驚きの大事件でした。

 

 

 

名古屋から東京へ…

 

名古屋の大学から東京へ就職のため引越しました。

 

高校時代の友人2人がちょっと大きめのワゴン車を借りて、迎えに来てくれました。

 

もともと少ない荷物でしたが、処分できるものは処分して、身軽な状態で車に乗り、夜中に名古屋を出発しました。

 

簡単なお引越しです。

 

早朝に東京に着きました。

 

友達がせっかくだから、レインボーブリッジ通ろうと言ってくれて、台場方面へ。

 

大きくて綺麗で、そして周囲は高層ビルがたくさん見えて。

 

私、大都会に来たんだと希望に燃えたのをよく覚えています。

 

懐かしいです。