引っ越し 荷造り

女性が住みたいと思わない場所の特徴

 

 

家の目の前の道が交通量が多すぎたり、頻繁に電車が行きかうような線路そばで、騒音や振動が頻繁なところ。

 

そのことから、夜間に若者が集まってにぎやかなところや、住所不定者が多い場所は、治安が心配になる。

 

子育て中で、公園や緑が多いのは子供にとってとてもいいが、スーパーまで車で何十分もかかったり

 

公共交通機関の本数があまりにも少ないようなところになると、通勤に不便だったり、自家用車が場合の買い物に困る。

 

街灯が少ないため夜道が暗く、治安が悪い。

 

 

 

交通の便がよくないところには住みたくありません。

 

裕福な暮らしができ、たくさんの友人がいてその人たちを自分の家に呼んでホームパーティを

 

やるような人であればいいですが、そうでない人はと1分1秒の時間が惜しくなります。

 

車がないと不便なところは厳しいです。

 

人は外に出ないと成長することは難しいので、人との出会いを困難にするような不便な場所は避けたいと思います。

 

不便なところは価格が安いというメリットも確かにありますが、人との出会いを重視する人にとってはありがたくないと思います。

 

 

 

今はまだ夫婦二人ですが、子供が産まれたときに、保育園や幼稚園の空きが慢性的にない、といったところは嫌だな、と思います。

 

また、治安が悪いのもちょっと、、、地域の方に顔を覚えてもらって、犯罪に巻き込まれないようなところがいいなと思います。

 

また、年をとって自分で車を運転できなくなってしまったとき、交通インフラの整っていないところは嫌だなと思います。

 

今はインターネットで食料品など注文できるようになりましたが、それでもやはり自分で出かけることができないと、不便だろうと思います。

 

 

 

騒音が激しいところ。

 

居酒屋など酔っ払いがいる店が近くにあるところ。

 

ラブホテルや風俗店が近くにあるところ。

 

電灯などがなく暗く、物騒なところ。

 

人里離れたところ。

 

車しか移動手段がないようなところ。

 

スーパーやコンビニが歩いて5分圏内にないようなところ。

 

工場などがあり、空気が悪そうなところ。

 

通勤に一時間以上かかるようなところ。

 

上下水道が整備されていないところ。

 

近所付き合いが必要以上にあるところ。

 

特に町内会の行事が多いところ。

 

 

 

交通が不便である

 

私は運転免許を持っていません。

 

持つ気もありません。

 

そのため、交通網が未発達なところに住んでしまうと、移動手段が徒歩か自転車に限られるため、行動範囲が限定されてしまいます。

 

電車やバスの本数が少ないと、待ち時間が長くなり、自分のために使える時間がどんどん減ってしまいます。

 

夜道が暗い

 

治安の面から、街灯の少ないところを通って家と職場、学校を往復することには非常に不安を感じます。

 

大通りは街灯があっても、一本路地に入ると真っ暗、などというところには住みたくありません。