引っ越し 荷造り

クロネコヤマトの単身パック

当時は一人暮らしから、実家に戻る時だったので、ある程度の荷造りも済んでいて、自分の車で運べるものは、前日に車に積んでいました。

単身パック(クロネコヤマト)
を利用したのですが、引越の当日、担当で来てくれた方が、「まだ荷物がトラックに積めますが他に積むものはありませんか」と聞いていただき、自分の車に積んでいた荷物をすべて積んでいってくれました。

 

あの時は、本当に頼もしく思い、仕事を辞めて実家に戻る事に後ろめたさや不安がありましたが、積み込みをしているときに話かけていただいたり、最後には微笑みかけていただいたりと心の不安までトラックに積んでいってくれたかのように感じ、次に進む勇気をいたような気持ちにさせていただきました。

 

本当にいい担当の方に来ていただいたと思っています。

 

結婚して、引っ越しをするときは、必要のないものは全て処分してから引っ越ししました。

 

やはり荷物が少ないと引っ越ししやすいですし、コンパクトになり、どこに何をしまったかも探さずにすみます。

 

あとは、段ボールに隙間なく閉まっていくことです。

 

少しでも積み荷を少なくしておくことで、作業効率が上がります。

 

軽いものと重たいものを一つの段ボールにしまうこともちょっとしたコツかもれません。

 

一つの一つ段ボールが同じ重さだと運ぶときに、余計な力をくわえなくても素早く積み込みができると思います。

 

体を痛めることなく、すばやくては丁寧に引っ越しができるはずです。

 

電化製品はやはりプロにお願いするのが一番です。

 

冷蔵庫やテレビなどは傷つけたくないのでプロにお任せしていいと思います。