引っ越し 荷造り

引っ越ししてみてわかったこと。

数社から見積もりをとりました。

 

0123のCMでおなじみのアート引越センターなどの大手から、中小業者まで。

 

一番安かったのと、引っ越し先の地域密着型業者のような気がして、ドリームクラブさんという引っ越し業者にお願いすることにした。

 

見積もりに来た営業の方も高圧的な感じは全くなく、柔らかい印象でしたし、段ボールが足りなくなった際に事務所に電話した時も、電話対応してくださった方の感じもよかったです。

 

分からないことは質問すれば丁寧に教えてもらえますし、いったん電話を切ってからのレスポンスも早かったです。

 

最低限の引っ越しノウハウは小さい会社といえどももちろんありましたが、壁や床等を保護するものが使いまわしというより、使い古したものがほとんどなのがちょっと残念でした。

 

古く見えるだけで保護できるなら問題なかったのですが、壁保護用のプラ段がはがれて階段をふさいでしまったりということがありました。

 

荷造りが完了していなかったのですが、その分も一緒に荷造りを手伝ってくれ(その分の請求はありませんでした)ましたし、提携の電気屋さんも融通のきく人でした。

 

最初の予約では、引っ越し前日の夕方にエアコンを取り外し、引っ越しの次の日の昼間に新居に取り付けという具合だったのですが、真夏ということもあり、エアコンがないのは大変だということで、他の予約の方の具合をみて、前日に取り外し・引っ越し当日に新居に取り付けをしてくれました。

 

引っ越し前日は、準備が終わらずほとんど眠れなかったのでエアコンはほとんど必要なかったのですが、当日は疲れを取りたい気持ちもあり、エアコンをつけて涼しい環境でゆっくり眠りたかったので、かなり助かりました。

 

ただ、引っ越し業者との連絡がうまくいっておらず、最初の契約時に洗濯機の設置も電気屋さんにお願いすることになっていた(これはサービスとしてつけてもらいました)のですが、電気屋さんが把握しておらず、すったもんだしながらの設置になりました。

 

電気屋さん自身は設置するのは時間的にも問題ないが、洗濯機がドラム式だったのと、設置場所の洗濯パンが小さい上に場所が狭いのとで一人では絶対に設置できないということでした。

 

力仕事だけならと、手伝いにきてくれていた男手に頼み、なんとか設置してもらえた次第です。

 

引っ越しの作業の最中は、作業員の方もてきぱきとよく動いてくれて、休憩時間もきっちりとってリフレッシュして帰ってきてくれるので、安心して任せられました。

 

作業員の人数も3名だったので、一日がかりの引っ越しになる予定が、夕方3時頃には荷物の運び込みは完了していました。

 

(これは旧居と新居が車で15分程度の場所だったのもあるとは思います)

 

結果的には、希望したこと(エアコンの移動や洗濯機の設置など)はちゃんとお願いした通りになりましたし、冷蔵庫や洗濯機の大型電化製品や家具にも異常はありませんでしたし、運び出し・運び込みの際に壁や床に傷をつけられたということもありませんでしたので、満足はしています。

 

が、100点というのは難しいかなと思います。

 

今回は荷造りが一番疲れました。

 

結婚してから5年住んでいた家だったのですが、夫婦二人で5年住んだだけでこんなにも荷物が増えるのか!という感じでした。

 

服やなんかはすぐに終わるのですが、雑然と置いてあったものや、整理しようと思いながら、なかなかできていなかったものなどを詰めるのに、捨てるかどうかを考えながら最初はやっていましたが、最終的にはそんなj間ない!と、全部詰めてました。

 

引っ越し前、引っ越し後に必要になる手続き(役所関係や銀行、クレジット会社等への住所変更など)は本当にたくさんあるので、一覧として書きだしておくと後でチェックも簡単にできますし、できているところとできていないところもきちんと把握できるので便利です。

 

引越しの荷造りはプロに任せた方がいいかも。。。

高校生のとき、戸建てから、新築戸建てへの転居で利用しました。

 

まず、家族の人数が多く、長く住んでいたため引っ越しの荷物がかなり多くなりました。

 

アート、ペリカン、クロネコと3つ見積もりをとる中で、クロネコは日にちを2日に分ける提案をしていただきそれが一番安かったそうです。

 

祖母もおり、長時間の引っ越しになるよりは、手際よく二日にわけてした方がこちらの負担も少なくすみました。

 

やはり大手でありたくさんの需要があるからこそこのような提案が可能なのかなと思います。

 

また、新築住宅は両親の希望した設計でしたので廊下や階段が大変せまく、曲がり角も直角だったため、母の嫁入り道具の洋服タンスやスタンドピアノ、私たちの勉強机など二階に上げるのが困難なものがたくさんありました。

 

当日のスタッフが「これはベランダからですね」と即座に判断。

 

あっという間ベランダから二人がロープで引き上げました。

 

机などはどうやって部屋にいれたのか、私が結婚した後は分解しないと部屋から出せない程でした。

 

やはりプロの技術だなぁと感心したのを覚えています。

 

家族が多くなってからの引っ越しは、まず物を処分することから始まります。

 

ただ梱包も進んでいかないと何を捨てたらいいのかさえ分かりませんので、大物の廃棄と梱包を同時進行で始めましょう。

 

引っ越しゴミの捨てかたは行政によって違います。

 

問い合わせると、うちの行政などはまとめて取りに来てくれたりもしますのでまず調べることが大切です。

 

よくチラシにあるようにリサイクル業者に取りに来てもらったりすると意外と高かったり、引っ越し業者がうちで引き受けます!!というのは結局見積もりが上乗せになっていたりします。

 

あと、不要品の処分がきまったら梱包です。

 

押し入れなどの衣装ケースを外に出し、そのスペースにダンボールをいれていくなどすると、かなりのダンボールが収納できます。

 

参考にしたサイト
クロネコヤマトの引っ越し料金を【半額】にする方法

引越サービスで一番人気と言えば、あの宅急便でお馴染みのクロネコヤマトです。
クロネコヤマトの引越サービスは品質やサービスメニューの豊富さ、安心の保証などで大変評価を得ています。

 

その分少し高いのがたまにきず。。。

 

でも、こちらのサイトに書いてある方法を実践すれば、クロネコヤマトの引越し料金が最大半額まで安くなるそうです。

 

詳しくはサイトを参考にして下さい。